システム導入の比較ポイント

(1)信頼性

世界初のオンリーワン。10年以上の実績!

YOUSEEは、2001年からデジタルコンテンツの先駆けとして開発を行っております。約10年以上にわたり、各種企業様をはじめ、大学・教育機関・学習塾・出版社・韓国大統領官邸・図書館・博物館など、多様な運用実績があります。

日本だけではない。世界での運用実績!

YOUSEEのシステムは、日本だけでなく、韓国・中国・EU・アメリカ・オーストラリアで運用実績があります。世界のあらゆるニーズに応えることで、YOUSEEは常に進化を続けています。


(2)拡張性

拡張性のある設計で、将来も安心!
ソフトウェア+ハードウェアともに、柔軟性と発展性のあるシステムです。

ソフトウェア

1) デジタルコンテンツは、HTML, Java Script, CSS, Flashなどで構成されているため、独自の機能拡張も可能な柔軟性があります。

ハードウェア

1) ストレージを仮想的に管理

仮想ボリューム型なので、運用中でもHDDサイズを自由に変更できます。
サーバ側での設定変更・サービス停止は不要。
容量自体も仮想化が可能。

OS側には10TBと見せかけ、実際は1TBを利用し将来容量が足りなくなっても物理的に対応できます。

バックアップソフトウェアは無償で付属。
単純なバックアップからスナップショットまで対応可能。

2) 柔軟な設計思想

SSD/HDDのハイブリット構成や、SAS, SATAの混在も可能。
目的に合わせ、自由に組み合わせが可能。
システム環境の変化に柔軟に対応。
投資が無駄になることはありません。
異なるハードウェアバージョンでも組み合わせ可能。


(3)発展性

1) 既存システムとの容易な連動

YOUSEEのデジタルアセットマネジメントシステムは柔軟性をもって設計されているため、既存のシステムやDBとの連動が可能です。デジタルコンテンツ上にDB情報を表示させたり、デジタルコンテンツから情報をDBに出力させたりなど、入出力のインターフェースとしても利用することができます。

2) デジタル資産管理の有効活用

大量のデジタル資料を自動でリスト化しアーカイブ保存。デジタル資産を管理することにより、あらたなビジネスモデルの創出が可能です。

従来、手作業で行っていたコンテンツのリスト化や管理も、YOUSEEのブックシェルフ機能で簡単に実現することができます。複数のデジタルコンテンツを同時に複合検索することも可能です。


(4)多機能・高品質、コストパフォーマンスアップ性

1) 豊富な制作支援機能により、高機能を簡単に低コストで!

大量のデジタル資料をアーカイブするために必要な様々な機能を用意しています。PDFやOfficeドキュメントまたは画像ファイルをアップロードするだけで、基本的なYOUSEEデジタルコンテンツとして変換されます。

用途に応じて、操作パネルなどのツールバーをカスタマイズし必要な機能を付加することができます。制作作業を短縮するあらゆる制作支援機能により制作者の作業負担を軽減し、コストパフォーマンスをアップします。


(5)高速起動性

1) 閲覧速度が速い!ストレスフリー

1000ページのコンテンツでもわずか数秒でローディング!

YOUSEEのデジタルコンテンツビューアの核心技術の開発は2001年からスタートしています。インターネットがナローバンド全盛の当時にあって、コンテンツを高速かつ高精細に表示するビューアを開発し、データ構造を細分化するというコア技術を保有しています。

また、動作のベースをFlashにすることで、特殊なビューアのインストールも不要となり、ユーザの利便性を向上させています。
ローディングやページめくりの速いYOUSEEは、ご導入いただいた多くのお客様からご満足の声をいただいております。


(6)デザイン性

1) 自由なカスタマイズが可能

YOUSEEデジタルコンテンツは、一般的なWeb技術(HTML,Javascript,CSS,Flash)のみで構成されているので、ボタンやスキンのデザインも簡単に変更、カスタマイズすることができます。

また、コンテンツの動作をJavascriptで制御できるので、既存のWebページやシステムと連動させることも可能です。

2) 付加価値の高いコンテンツを実現

紙とデジタルとの融合。本をめくるようなインターフェースに、動画や音声、Flashなどをの埋め込みと検索、電子ペンなど、紙面だけでは実現できなかった様々な世界をYOUSEEデジタルコンテンツは実現します。

お問い合わせ


Group

日本CM株式会社
東京都中野区東中野2-26-7 スペースクリオ/TEL:03-5330-3177
COPYRIGHTS (c) 2012 Japan Content Management Inc. ALL RIGHTS RESERVED.